利用者の皆様へ

病気になってもおしゃれを楽しむセラピーの会
ribon.jpgこんいろリボンの会


がん撲滅推進支援サイト

本当は行きたいいつものサロンへ…。

<あるエピソード>


私は、元美容師15年くらい通って頂いたお客様が突然来られなくなりました。

ずっとずっと気になっていましたが、私もサロンから離れ、

3年ほどたった時、そのお客様からお電話を頂きました。

久しぶりで嬉しかったと同時に、そのお客様がなぜ、店に来れなくなったかという疑問をお聞きしました。

そして、病気になっていたことを知りました。

「ウィッグをカットして頂けますか?」と言うお客様。

私は「喜んで似合わせて頂きます!!」と、そのウィッグを丹精込めて切らせて頂きました。

どんな時でも、いくつになっても、社会復帰するにもヘアースタイルを創る事が必要とされていることを知りました。

最近、いろいろな場所でお話をさせていただく機会があり、いつも「もし、あなたの髪が明日の朝無くなっていたら、あなたは美容室にいけますか?」とお聞きします。

そうです、いろいろな状況でサロンへいけない方がいることを知ってほしいのです。




こんいろリボン公式サイトはこちらです
下のリボンをクリックしてください

こんいろリボン.jpg

ランブス医療美容認定協会

RAMBS003.jpg
ランブスでは、全国の脱毛でお困りの方へ「ウィッグスタンド」をプレゼントする活動も行っております。

sign.png

201106.jpg825


backhead.gif